マナーを知った上で出産内祝いを贈ろう|基本をしっかりと押さえる

雛人形

コンパクトサイズが人気

起源ははっきりしませんが、江戸時代には現代の雛人形にかなり近くなって豪華で贅沢になったのはこの頃からです。豪華で大きいタイプは、昭和時代まで流行していましが転勤族や狭小住宅であることなどが原因となり最近はコンパクトな方が需要があります。片付けるのが楽であることも、人気の高い理由になるでしょう。

詳しく見る

子供

価格やデザインについて

ランドセルを選ぶ時は、カラーや機能性、デザインなど様々なことで悩んでしまうことが多いです。まずはある程度気になるランドセルが決まれば、実際に試着をしてみることをおすすめします。また、小学生に意見を聞くというのもおすすめです。

詳しく見る

女性

お返しで迷ったら

たくさんありすぎて何を贈っていいのかわからない出産内祝い。頂いた方々全てにそれぞれ好みの物を贈りたいならカタログギフトがお勧めです。その利点や便利さなど、またはどこで注文するかなどを考えてみましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

相手の好みを考えましょう

このように出産内祝いには、カタログギフトが一番好まれています。贈り主に合わせたカタログを選ぶことができ、自由に選んでもらえるからです。その他は、高級タオルや食べ物、洗剤などの日常で使用できるものです。

詳しく見る

雛人形

ひな人形の選び方

人形は見た目が一番重要な要素なので、雛人形選びも自分が好感を持てる作りのものを選ぶと愛着が湧きます。代表的な形式に江戸雛と京雛があり、現代的な顔の江戸雛と公家顔の京雛、というように顔立ちに特徴があります。また顔の製造方法として手作りと型抜きでも顔立ちが異なるので、仕上がりをよく確認して選びましょう。

詳しく見る

内祝いのマナーをチェック

出産祝い

押さえるべき点

少子高齢化が叫ばれている昨今ですが、毎年、100万人に近い数の子供が産まれています。一人当たりが出産する数は減少傾向にありますが、子供一人当たりにかける子育ての費用や教育の費用は必ずしも現象をしているわけではありません。その為、少子高齢化が進む昨今でも出産祝いや出産内祝いの文化や市場は廃れずに残り続けています。特に祖父母の方に関しては、出生数が減っている事もあり、出産祝いなどを渡す孫の数が減っている為、しっかりと出産祝いを渡す傾向が強くなってきています。この様に現在も広く行われている出産祝い及び出産内祝いですが、実際に贈る際にはしっかりとマナーを守って贈りたいものです。贈った経験が無い方はしっかりと基本を押さえて贈る様にしましょう。まず、出産祝い及び出産内祝いを贈る上で気をつけたいのがタイミングです。出産祝いに関しては出産後、1ヶ月前後を目安に贈る様にするのが一般的です。早すぎると、退院直後でバタバタしていますし、遅すぎると、贈る相手がまとめて出産内祝いを返そうとしていた場合に負担をかけてしまいます。近しい間柄の場合、密にコミニュケーションが取れますが、そうで無い場合は細かな状況まで把握出来ないので、基本をしっかりと押さえましょう。また、出産内祝いに関しては出産祝い同様に1ヶ月以内を目安に贈るのが良いとされています。親しき中にも礼儀ありという事もあるので著しく遅くなる事が内容に注意をする様にしましょう。